不動産の相続

不動産の相続の考え方

 相続手続きの本質は名義変更を無事終えることです。不動産でいえば,被相続人名義の不動産を,きっちり名義変更することができれば,不動産の相続手続きは完了といえます。
 遺言書で不動産のことがちゃんと書いてあれば,遺言書にもとづいて法務局で名義変更手続きをすればよいです。
 また,どのように名義変更するかについて,相続人全員が合意できれば,その内容で遺産分割協議書を作成して,法務局で手続きをすれば相続手続きは完了です。
 相続人全員で合意できない場合は,家庭裁判所の調停手続きにおいて第三者を交えて話合いを行いをします。合意できれば調停成立で名義変更ができます。調停でも合意できない場合は,家庭裁判所が審判によって不動産をどうするのかを決めます。

不動産の分割の仕方

どうやって分け合う?家や土地など不動産の分割方法はいろいろある

全く同じ不動産が、ちょうど相続人の数だけあるのであれば遺産分割も簡単ですが、そのようなことは考えられません。兄は不動産をもらい、弟は預金をもらう。預金がたっぷりあって、うまく精算できるのであればともかく、不動産の価値に比べて預金が足りない場合はどうすればよいか?その場合の分割の方法としては、「現物分割」「代償分割」「換価分割」「共有分割」の4種類があります。

以下でこの4つの分割方法について、 相続人が妻と子供2人の場合の例を挙げて説明していきます。

現物分割
代償分割
換価分割
共有分割

現物分割

妻 子 子

妻、子供それぞれが、 それぞれの相続分に応じて土地を分筆して相続する方法です。 この方法で分割すると、土地が細かくなりすぎて価値がなくなってしまったり、せっかく土地を相続しても接道の関係で建物がうまく建てられないこともあり、あまりうまい方法でないという場合もしばしばあります。


代償分割

妻 子 子

たとえば、土地のすべてを妻が取得し、子供が相続するはずだった土地のぶんのお金をそれぞれの子供に支払う、という方法です。しかしこの方法は、妻が、子供に支払うのにじゅうぶんなお金を持っていないと実行は難しいでしょう。


換価分割

売却 妻 子 子

土地をすべて売ってしまって得たお金を、妻、子供たちそれぞれの相続分に応じて分けるという方法です。


共有分割

妻 子 子

土地をそのまま”共有物”とする方法です。”共有”を解消したい場合は、共有物分割の手続をとります。


このページの先頭へ